ニュースレター

生えたての永久歯はまだ歯質が弱く、表面がざらついていて虫歯になりやすいので注意が必要です。
子供が一人で磨けるようになるまで仕上げ磨きは続けていきましょう。
仕上げ磨きは目安として小学校の低学年まで続けましょう。
 
スクリーンショット 2017-12-04 15.45.25のコピー.jpg
 
スクリーンショット 2017-12-04 15.45.41のコピー.jpg
 
次号もお楽しみに♪
乳歯から永久歯へ生え替わりがはじまると、歯の高さや歯並びが凹凸になり、磨きにくくなります。
また、生えたばかりの永久歯は大人の歯と比べると半分くらいの硬さしかありません。
約2年間程の期間をかけて硬くなります。その期間は虫歯になりやすい状態です。一生モノの永久歯を虫歯にさせないためのケアをしていきましょう。 
 
スクリーンショット 2017-11-05 6.29.03.png
 
次号もお楽しみに♪
自分でしっかり磨く練習をする時期です。早い時期から食べたら磨く習慣ときちんとした磨き方を覚えることが大切です。
本格的に自分で磨く練習を始めましょう。磨く時にはフッ素入りの歯磨き剤を使い、フッ素を口に残すことがポイントです。 
スクリーンショット 2017-10-05 10.36.10.pngスクリーンショット 2017-10-05 10.44.37.png
 
次号もお楽しみに♪
歯磨きの練習と仕上げ磨きのスタートです。 子どもだけではきちんと磨けないので、保護者の方が毎日しっかりと仕上げ 磨きをすることが大切です。 
スクリーンショット 2017-09-01 12.11.42.png
次号もお楽しみに♪
赤ちゃんの歯が生える前から、口の中や周りを触ってみたり、保護者の方自身も口内環境を整えたり、保護者の方の意識や習慣からすぐに予防歯科は始められます。
スクリーンショット 2017-08-01 10.07.52.png
次号もお楽しみに♪
妊娠すると、つわりや女性ホルモンの分泌増加により、口内環境が悪化しやすくなります。 

2017-07news.png

次号もお楽しみに♪
子どもの歯の成長に合わせた、歯みがきのステップアップを表にしました。 
あくまで年齢は目安です。お子さまの歯の成長に合わせて焦らずに行いましょう。 

スクリーンショット 2017-05-31 13.54.58.png

次号もお楽しみに♪
4月号では、よく噛むと体にどういった変化が起こるかについてのニュースでしたが、日常ではどのようなことに気をつければ良いでしょうか?  

5月号.png

次号もお楽しみに♪
子供の成長には、健全な食生活、運動や睡眠といった生活リズムによって健康を維持することが重要です。栄養バランスが整った食事だけでなく、よく噛んで食事をすることや食事のリズムなどを考えることも必要です。  

5月.jpg

次号もお楽しみに♪
糖分の中でもショ糖(砂糖)は特に体への影響があると言われています。

スクリーンショット 2017-03-02 22.52.36.png

砂糖のとりすぎは肥満や糖尿病につながります。もちろん虫歯にも…。砂糖は特にジュースなどの清涼飲料水に多く含まれています。

スクリーンショット 2017-03-07 6.21.23.png

次号もお楽しみに♪