虫歯予防・治療

治す治療から、守る治療へ

yobou.png

生涯、健康なお口ですごしていただくためには、20歳までにむし歯や歯周病がなく正常なかみ合わせの永久歯列を育てていくことがとても大切です。

なぜならば、歯を失う最大の原因は、子ども時代に経験したむし歯の治療の繰り返しによるものだからです。 乳歯が生えはじめる頃から20歳までの間はむし歯の感受性が非常に高く、この時期にむし歯を経験すると、大人になっても治療を繰り返す悪循環がおきてしまいます。また、10代の頃の歯肉炎が成人期の歯周病の足がかりになっていることもわかっています。

 

私たちの目標

虫歯を進行させない

予防先進国のスウェーデンやフィンランドでは、この感受性の高い20歳までの時期にほぼ100%の子ども達が定期的に歯科医院に予防のために通い、むし歯や歯周病のない健康なお口を育てています。 その結果、生涯自分の歯で健康的にすごせる可能性がとても高くなっています。 これは、日本でも可能なことだと信じています。

 

歯を削らない

どんなに治療技術が進歩しても、新しい材料が開発されても、天然の自分の歯に勝るものはありません。 みなさんが、もし自分の歯が一度もむし歯になったこともなく、機能的な美しい歯並びでしっかり咬む事ができたなら、どんなに素敵か想像してみてください。 歯は一生の財産です。むし歯を経験したことのない健康なお口は、親から子どもへの最高のプレゼントです!
 
 

原因を見つけて実行出来る計画を立てる

歯科医療の先進諸国で実証されている予防歯科は,健康で美しい歯を一生保つという人々の願いを確実に叶えるものです.最新の歯科治療は、一人一人に異なる病気の原因をきめ細かにコントロールすることが可能であり、予防歯科を実践するために必要な検査が唾液の検査です。 この検査は、WHO(世界保健機構)でも採用されている最新の科学的検査法です。 検査の結果が科学的な根拠となり、時間的かつ費用的にムダのない確実な予防が可能になります。

 

唾液検査(サリバテスト)

2016-11-27 14.15.03.png

「唾液検査」では、まず虫歯菌の培養、唾液の量・質・緩衝能力などの検査や、食生活の問診を行います。そして、その結果を分析ソフト(カリオグラム)で総合的に分析します。 そして、分析結果を 図のようなレーダーチャートに表すことで、患者さんお一人お一人に分かり易く納得していただける予防のアドバイスを行い、生涯にわたる口腔の健康維持を目指します。 

 

sariba.jpg
 
予防歯科に年齢制限はありません。お子様を虫歯ゼロで育てたい、何でも美味しく食べたい、大切な歯を失いたくない、いつまでも美しく素敵な笑顔でいたい・・・、これらの希望を達成するには、遠回りのようですが予防歯科が最短の近道です。
 
「痛くないから」歯医者へ行かないのではなく、「痛くないうちに」 どうぞご来院ください。
 
※当クリニックは、【NPO法人 最先端のむし歯・歯周病予防を要求する会】のサポート歯科医院です。