当院の5つの特徴

1. 正確な検査と診断

DSC_2247.JPG

当院ではすぐに治療をはじめません。
緊急的に治療が必要な場合を除き、初めて来たその日にそのまま歯を削ることは基本的にありません。なぜなら、病気の治療は本来、なぜそうなってしまったのか、正確な検査と診断をした後に行われるものです。
当院では、初診時にはすぐに診療室へは入りません。個室のカウンセリングルームへまずお通しし、ご希望や状態をくわしくお聞きし、当院で提供できる診療の流れについてお伝えします。そして必要な検査を行い、その検査結果をもとに治療計画を立て、何を最優先させるべきかを一緒に考えます。痛い、噛めないなどの緊急性の高い症状がある場合、噛めるように、痛みを取り除くように応急的な処置はもちろんおこないますが、今後治療の繰り返し、むし歯、歯周病で二度と歯を失わないため、長い目で見た診療の進め方をお伝えします。
 
 

2. 原因の追求と再発防止の計画を立てる

th_DSC_2000_1.jpg

「悪い場所を見つけて、悪い場所だけ治す」そのようなその場しのぎの治療では、健康な自分の歯を守ることはできません。
むし歯で穴のあいた歯、歯周病で溶けてしまったあごの骨は元には戻らないのです。たとえ治療をすすめても、代わりの材料で置き換えるだけの従来の治療ではむし歯や歯周病を防げません。どんどん歯を失っていくだけです。
 まず、私たちは「なぜ悪くなってしまったのか」「今後どうしたら悪くさせずに済むのか」を追求し改善することで、もう二度と悪くさせないことに全力で取り組んでいます。現在の重症度より、将来のリスク・危険度に目を向けて計画を立てていきます。
 
 

3. 一人一人に合わせた治療計画と予防プログラムの提供

th_DSC00211_1.jpg

私たちは、その場しのぎの治療は行いません。確かな診断結果のもと、あなただけの、オンリーワンの治療プログラムを提供することで、一人一人に合った診療をすることができます。将来的に考えると痛みを伴う治療回数の減少、治療費の減少、健康な歯や歯ぐきの維持、突然の歯のトラブル防止など良いことばかりなのです。
 
 
 
 

4. 予防メンテナンスを最も重視

th_DSC_2117.jpg

歯科先進国である欧米では、歯科医院は歯を失わないようにクリーニングに通うところ、という認識がありますが、日本ではまだ悪くなってから歯を治すために通う所というイメージがあります。しかし、日頃のメインテナンスを欠いた対処療法的な治療では、むし歯や歯周病を退治することができず、やがては歯がなくなっていく人が大変多いのが日本における歯科治療の現実です。
当院では、治療ではなくメインテナンスを最も重視したシステムにより、いつまでもご自身の歯で健康な暮らしをしていくための治療を全力で取り組んでいます。治療が終了してからのメンテナンスこそが、健康のはじまりなのです。
 
 

5. 世界基準の情報提供と衛生管理

世界基準の情報提供
当院では研修・勉強会を積極的に行います。日々進化する世界で行われている新しいデータ・治療法・予防法を取り入れ、患者さんへ提供していきます。
 
世界水準の設備と衛生管理
世界水準の設備と衛生管理で診療をおこなっています。
衛生面や安全面には特にこだわって、安心・安全を提供できるようにしています。
 

pi_orthophosxg3_product_646_01_1.jpg

デジタルX線システム
X線照射量が少なく安心で少ない被爆線量で鮮明な画像が得られます。従来のレントゲン撮影法よりも最大10分の1の線量でクリアな画質です。
 
 
 
 
 
 
 
photo_1.jpg
滅菌システム
「Lisa」クラスBオートクレーブは、小型高圧滅菌器のヨーロッパ基準(EN13060)であらゆる種類の被滅菌物を安全に滅菌することができます。
今までの歯科で使用されている滅菌器よりもさらに厳しく、医科で使用されている大型滅菌器の規格(EN285)に準じ、歯科で使用できるようにコンパクトにした滅菌システムを使用しています。
 
 
th_DSC_2404.jpg
減菌パック処理・ディスポーザブル
当院で使用する診療器具は減菌処理を施し保存用パックにて保存しております。使用直前に保存パックを開封し、使用する事により衛生的で感染のない安全な歯科治療が行えます。安心して治療を受けていただくために、コップ、エプロン、注射針、手袋、などすべてディスポーザブル(使い捨て)にしております。
※注射針・麻酔薬のカートリッジ、血液、付着物などの廃棄処理は医療廃棄物専門業者に委託しております。